defidesign Inc.

[ カタチの発想 ]

 

 

全ての形には意味があり、なんらかの意図がその形になっています。
形を言語に訳すと同じように、逆に言語を形にすることができます。
形にしていく過程は具象的な表現から抽象的な表現まで、デザイン対象の業種、性質、条件によって変わります。
戦略的なマーケティング分析データやコンセプトなども最後にデザイン変換する際は
人(デザイナー)の感覚で変換することとなります。
デザイナーは高度な変換能力が必要とされ、重要な役割を担っています。

 

 

 

 

 

[ デザインの認識 ]

 

 

 

人がモノを見てデザインを認識する過程には4つの認識方法があると考えました。
上図はデザインの種類別にその認識方法の割合を予測し割り出した図です。
「瞬間認識」は見た瞬間に認識できるデザイン、例えばトイレや非常口のピクトグラムや
パーキングの「P」など瞬時に判断できるデザイン。
「言語認識」は説明を受けて初めて理解できる部分で、込められた想いや意味を表現したデザイン。
また、アルファベットを元にしたシンボルやロゴマークの文字要素も言語認識の一種と捉えます。
「嗜好認識」は好き嫌いで認識するデザイン。これは単純に好きか嫌いかで判断される部分ですが
好きなデザインや色などは瞬時に目にとまりますので、特にパーソナル製品には重要な要素といえます。
「無意識の認識」は頭で考えず、直感や無意識に感じて認識するデザイン。らしさや雰囲気、空気感といった
経験により感じ取ることができる感覚的な部分です。
この 「無意識の認識」は、デザインにおいてとても重要な要素で、 デザイン表現を行う際に様々な使用状況を
イメージしながら無意識に感じる部分を想定しデザイン開発を行わなくてはいけないと考えています。
ブランドロゴやパッケージデザインは、企業の担当者はプレゼンテーションにより説明を受けていますが
ユーザは無意識の状態でその製品やブランドに触れ、個人の経験上のイメージで伝達、認識されます。
シズル感も「無意識の認識」の一種だと考えます。
デザイナーはこの無意識に感じる部分を最大限にイメージを引き出し表現していきます。
デザインの種類ごとに認識方法の範囲が変わり、また個々のプロジェクトによりその割合も変化します。
弊社ではそれぞれの表現の優先順位を明確にし、的確にデザイン開発を行っています。

 

 

 

 

 

 

ブランドのデザイン開発には様々な条件をクリアできる想像力と緻密な設計が必要とされます。
長期間様々なところで展開されるシンボルやロゴデザインは、膨大な量となり人の目にふれることになります。
導入時の設計によって、プラスにもマイナスにもなりうる視覚的な資産なのです。

 

 

 

 

 

Copyright 2013 defidesign Inc. All Rights Reserved.